会社と社員、社員と社員をつなぐ人事評価制度

株式会社千葉キャリ
代表取締役
種村 剛様
従業員数
7名
事業内容
千葉県に特化した求人サイト「千葉キャリ」の運営
人材紹介事業
URL
https://www.chibacari.com/
導入サービス
人事評価制度構築
人事評価クラウド
評価制度運用サポート
株式会社あしたのチーム
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)が提供する、
「人事評価制度 ゼッタイ!評価」が、
株式会社千葉キャリ
(本社:千葉県船橋市、代表取締役:種村 剛、以下「千葉キャリ」)に導入されました。
千葉キャリは千葉で活躍したい方のための就職情報サイト「千葉キャリ」を運営しているほか、
中小企業向けの採用コンサルティングや人材育成支援など、千葉県に特化した人材サービスを提供しています。

人事評価制度導入のきっかけ
▶『評価項目と業績の連動に苦戦。社員を大切にできる人事評価へ』

ゼッタイ!評価の導入前は、自社で独自の評価制度をしており、四半期に1回評価シートを作成して、
面談実施と給与への反映をしていましたが、評価項目と社員の行動(業績)がリンクしていないのが
課題でした。
人材紹介の事業をやっているからには、まずは自分の会社の人材を大切にできる人事評価制度が
必要だと考え、人事評価制度の見直しを決めました。

あしたのチームを選んだ理由
▶『会社の想いを伝えられる制度に共感』

四半期評価、給与への連動など、もともと自社で運用していた人事評価制度との共通項があったことに加え、
行動目標を自己設定し、目標に対しての行動を見ていくことができる点、成果目標として、
会社として達成してほしい基準をしっかりと伝えることができる点、この2軸での評価に共感しました。
また、クラウドシステムの提供をしている点も理由のひとつです。
社員7名でもエクセルでの管理には手を焼いていたので、クラウドシステムによる一元管理や利便性に
魅力を感じました。

人事評価制度導入後の成果
▶『給与への連動と目標の自己設定で管理部門の意識が変わった』

評価項目と業績とのリンクができていないという課題があり、
特に業績に直接の影響が少ない管理部門の目標をどのようにするべきか悩んでいました。
制度導入後の現在は、管理部門にも「全社粗利」を成果項目の指標のひとつに入れています。
四半期に一度の自分の昇給に関わるため、「会社の利益をあげるために自分に何ができるのか」を
一人ひとりが考えるようになり、目標達成に向けた行動が明確になっていきました。
そのことによって管理部門の社員も非常に意欲が高まってきたとともに、
会社としての団結も深まったと思っています。

あしたのチームに期待すること
▶『導入事例の多さを活かした業種業態別ノウハウの提供』

多くの業種業態の導入実績があるため、どのような評価の仕組みをつくり、
またそれによってどのような社会変化が起きたかなど、業種業態にあわせた情報の提供を期待します。
また、クラウドを使って分析結果を簡単に抽出できるようにし、自社で独自で運用するだけでは見えない
裏の部分評価の盲点を分析できるようになればいいと思っています。