業界初!
「ゼッタイ!評価」の導入で労務リスクに備える保険の割引適用が可能に!

2016/10/31

全国750社、10万人以上の中小企業の働き方改革を実現してきた
株式会社あしたのチーム
(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋 恭介、以下「あしたのチーム」)が提供する、
クラウド型人事評価制度運用おせっかいサービス「ゼッタイ!評価」の導入により、
労務リスクに備える保険において、業界で初めて保険料の割引適用が一部の保険商品に
2016年10月11日より認められましたことをお知らせいたします。


■労使リスクを低減させる クラウド型人事評価制度の運用
 目標設定、中間面談、評価、フィードバックなどの評価における一連の履歴がクラウド上に残ることから、
「ゼッタイ!評価」は労使紛争において重要な、企業防衛のための”エビデンス”となります。
それによって労使リスクが軽減されることから、労務リスクに備える保険において、
業界で初めて保険料の割引適用が一部の保険会社に認められました

「ゼッタイ!評価」の導入・運用は、「未払い残業代請求」「過重労働による損害賠償請求(過労死)」
「賃金減額の差額支払の請求(降級・降格、賃金制度改革に伴う降給)」
「待遇格差の是正請求(正規・非正規問題)」など、
多様な訴訟リスクからの防衛策にもなります。


~なぜ「ゼッタイ!評価」が企業防衛のエビデンスとして認められるのか?~
(1)評価項目や評価基準が明確となっている
(2)評価基準が合理的なものとなっている
(3)評価方法が適切なものとなっている
(4)評価者によるばらつきがない
(5)評価結果に著しい偏りがない
※あしたのチーム顧問弁護士の見解



■労務リスクに備える保険が必要とされる時代背景
 平成18年4月、個々の労働者と事業主との間に生じた労働関係に関する紛争を、裁判所において、
原則として3回以内の期日で、迅速,適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた
“労働審判制度”により、訴訟が手軽なものとなりました。
この制度導入後の数年間で労働関係民事訴訟・労働審判新受件数は年々増加し、
平成25年度で6,887件となりました。(出典:厚生労働省報道発表資料)
また、精神障害の労災補償状況において、請求件数は、平成27年度で1,515件と年々増加しています。
(出典:厚生労働省報道発表資料)


他にも、過重労働による高額な損害賠償(過労死)、メンタルヘルス、
各種ハラスメントといった多様な訴訟リスクが存在する中で、
近年の労働関係法制の成立・改正も影響し、事業者はより労務管理を求められています。



■問い合わせ先
株式会社あしたのチーム
担当:社長室 佐藤
TEL:03-4577-3923
Mail:pr@ashita-team.com



一覧へ戻る