サテライトオフィスで働き方改革

サテライトオフィスは貴社のあしたになる!

「サテライトオフィス」とは、東京都心などに本社を持つ企業が、郊外や地方に準拠点として設置するオフィスのことです。当初は都心郊外にオフィスを設置することが一般的でしたが、最近では地方にオフィスを構える企業が増えています。都会から離れ、自然に囲まれたオフィスで働くことで、社員の集中力や生産性が向上することができるようです。
すでに10年ほど前からサテライトオフィスを導入している株式会社NEC総研は、職住近接を基本理念とする新百合ケ丘サテライトオフィスをはじめ、顧客近接型サテライトオフィス、スポットオフィスなどを運用しています。
サテライトオフィスに設置されたTV会議システムの稼動率が70%近いことや、通勤時間が大幅に短縮(年間約576時間)され社員の思考時間が20%増加していることからも、こうした業務形態が効果的であることが伺えます。
さらに、企業のサテライトオフィスを誘致する活動も活発化しています。

サテライトオフィスのメリット

  1. バックアップ機能

    地方にも拠点を持つことによるリスク分散
  2. 時間の効率化

    通勤時間を短くすることが容易(生まれた時間を有効活用)
  3. 社員が元気になり生産性が向上する

    身近な自然による癒し・ストレスの少ない生活
  4. 人材採用の選択肢が増える

    都市部では競争過多、地元志向の若者
  5. 固定費の削減

    都市部に比するとオフィス賃料が安い

サテライトオフィスのデメリット

  1. 開設までのコスト・労力がかかる

    オフィスを運用するまでの労力やコストが必要
  2. 生活スタイルに注意

    生活スタイルのギャップ、田舎暮らしに慣れることが必要
    (循環型・滞在型の場合)
  3. 社内の理解が必要

    「細かい指示が出来なくなるんじゃないか?」といった社内の不安・管理職の不安を払拭することが必要

良く働き、良く食べて、良く遊ぶ。

三好サテライトオフィス

徳島県内でサテライトオフィスを開設している企業の働き方は、田舎特有の生活と最先端ビジネスが融合しとてもユニークな風景に映ります。
都会を離れ田舎の古民家で寝泊まりをしながら、のんびり徳島文化に慕っているかと思いきや、就業中は最先端の技術をフル活用して日本全国を相手にバリバリ仕事をこなす姿はとても印象的です。
時には、サテライトオフィスの近所に住まれている住人の方から夕食の差し入れが来たり、夜になると徳島市内の技術者がサテライトオフィスへ集まり、異文化交流ならぬ、異業種異地域交流がかわされ、個々人の交流も多く発生しています。
そう言った交流は一見、遊びとの区別はつきにくいものの、サテライトオフィスを訪れる個々人のスキルアップ、最新情報の共有にも繋がっているのです。
また、日々のハードワークに疲れた時は、いつでも気軽に川や海などへ散歩に出かけて疲れを癒せることも自然が身近にある徳島の特色とも言えるでしょう。

  • 古民家型サテライトオフィス

    古民家型
    サテライトオフィス

    徳島県内には多くの使われていない古民家が沢山あります。
  • 廃施設改修型サテライトオフィス

    廃施設改修型
    サテライトオフィス

    老後介護施設を再利用したサテライトオフィスがあります。
  • 廃工場改修型サテライトオフィス

    廃工場改修型
    サテライトオフィス

    10社程の企業が共同利用するサテライトオフィスがあります。
  • 廃校改修型サテライトオフィス

    廃校改修型
    サテライトオフィス

    小学校を統合させたことで20校ほどの廃校があります。

働く社員はこう変わる

  • 古民家型サテライトオフィス
    株式会社あしたのチーム

    西村耕世さん

    私は大阪から「孫ターン」で三好市に移住してきました。 「何かを我慢しながらの生活より、やりたいことをやろう」という家族の後押しもあり、移住を決めました。 平日はサテライトオフィスで東京・大阪と同等のスピード感で仕事を行い、休日は畑で野菜を育てるなど、都会にはない大自然を楽しんでいます。ストレスも少なく、自然の中で人間らしい贅沢な生活が送れますよ!
  • 廃施設改修型サテライトオフィス
    株式会社あしたのチーム

    槙山千沙さん

    三好市の高校を卒業後、新卒で三好ランドに入社しました。 サテライトオフィスである三好ランドは、離れた場所でいながら、北海道から沖縄まで様々な方と関わる事ができます。 職場内では都会のようなスピード感で業務が進む中、一歩外に出ると長閑な自然が広がっている、そんなギャップを心地よく感じています。 豊かな自然に囲まれた三好市で仕事ができ、とても充実した日々を送ることが出来ています。大切な地元がより活性化することを願っています。 是非、一度、三好市にお越しください!
  • 廃工場改修型サテライトオフィス
    株式会社あしたのチーム

    遠藤芹奈さん

    私が再就職先として選んだのが、【あしたのチーム 三好ランド】でした。 前職での経験から「働き方」というものに悩んでいたところ、「働き方」に対する悩みを解決していけるようサポートをする仕事、というところに魅力を感じました。 自身が悩んでいた分、同じ悩みを抱える皆様のサポートをできるこの仕事に、誇りを感じております。 もちろん、仕事をしている上でストレスを感じることもあります。しかし一歩オフィスの外に出るとたくさんの自然に癒され、リフレッシュできます。三好ランドは古民家を改装した赴きがあるオフィスで、地元の方々も私たちのことをよく気にかけてくださいます。住み慣れた田舎で居ながらも、東京や大阪など、全国各地の仕事ができます。私にとっては、とても幸せな環境です。

支援制度も充実

ふるさとクリエイティブ・SOHO事業者誘致事業補助金
補助対象経費
補助金の額
限度額
適用期間
各種事務機器及び
通信回線使用料
各種事務機器及び通信回線使用料の1/2
1年分につき
100万円
操業開始
か  ら
3年以内
事業所等不動産資産の
賃貸料
事業所等不動産資産の賃貸料の1/2
1年分につき
30万円
操業開始
か  ら
3年以内
新規地元雇用者増に
対する助成
・期間の定めのない労働者:1人あたり30万円
・週30時間以上勤務する契約社員又は
パート社員:1人あたり15万円資産の賃貸料の1/2
なし
操業開始
か  ら
3年以内
情報通信関連事業立地促進補助金
補助対象経費
補助内容
新規地元雇用者増に
対する助成
・期間の定めのない従業員:1名につき70万円
・週30時間以上勤務の契約社員又はパート社員:1名につき40万円
※助成期間:5年間
※初年度は新規地元雇用者数を補助、次年度以降は、純増分を補助
専用通信回線使用料
補助率
1/2
限度額2,000万円/年 ※助成期間:5年間
事業所賃料
補助率
1/2
限度額2,000万円/年 ※助成期間:5年間
リース経費
補助率
1/2
限度額1,000万円 ※助成期間:契約年度の初年度のみ
※5年以上の契約機器等が対象
投下固定資産
補助率
1/5
限度額2,000万円
※対象:土地を除く投下固定資産(サーバー等で用いるソフトウェアの経費を含む)
※奨励指定日以降で、操業開始から1年以内に整備したものが対象
新規地元雇用者の
研修に要する費用
・委託研修:1人10万円を限度に所要額の1/2
・企業内研修:1人5万円を限度に所要額の1/2(県外からの講師旅費等)
限度額:1,000万円/年 ※助成期間:5年間 
※採用後6ヶ月に満たない新規地元雇用者を、徳島県内で研修する場合が対象

サテライトオフィスは貴社のあしたになる!

満員電車による通勤で余計な時間とエネルギーを使わず、仕事に集中できる。
転地効果と自然に囲まれた環境、神山に集う多様な価値観をもつ人々との出会いを通して心身のリフレッシュにつながり、山籠りにより集中力が向上します。

  • 職住接近の
    働きやすさ
  • 静かで集中
    できる環境
  • 生産性向上
  • 事業拡大

セミナートークテーマ

  • 三好市のご紹介
  • 就活生の状況
  • サテライトオフィスのデメリット
  • サテライトオフィスのメリット
  • 有効求人倍率
  • 三好市ならではのメリット
  • バックアップ体制
  • 三好市の支援制度
  • 徳島県の優遇制度
  • 事例
  • サテライトオフィスとのTV中継